「すごいサービス教えてくれたじゃないか、これとは違うんだけどさ、俺も無料でやってることがあるんだよな」
 無料でという部分に、耳がピクンとなってしまいました。
「マダムライブみたいに、すげえ奇麗な相手を選ぶことはできないんだけど、それでも無料で似たような楽しみ方があるんだよ」
無料で似たような楽しみ、当たり前ですがやったら興味が盛り上がっていきました。
タダで同じような感じで楽しむことができる、相手は選べないけれど無料なら懐を気にすることなくできてしまうのです。
これって、もしかしたら激しいぐらいに朗報なんじゃないかという直感が働きました。
「それっていったいどんな感じなんですか?」
「ライブチャット教えてくれたから、お礼に教えてやるかな(笑)」
28歳、彼女のいないバイト先の先輩は、ニヤリと笑って話してくれたのです。
その方法というのは、テレフォンセックスを楽しむものでした。
テレセ相手を見つけて、テレエッチを無料通話アプリのLINEとかカカオトークを使ってやりまくることが可能だと話しだしてくれたのです。
「マダムライブみたいに奇麗な相手をチョイスできないんだけどさ、一度知り合ってしまえば後は無料で時間を気にすることなく関係を作れるわけよ。もちろんオナ指示やりまくってさぁ、喘ぎ声聞きながらチンコシコシコできるぜ」
無料通話アプリの交換、そういう相手を探すことができたら、時間無制限で楽しめてしまうなんて、これ半端じゃないこれは素晴らしいじゃないかって感心してしまったのです。
「中にはさ、ビデオ通話でオナニーの見せ合いOKな熟女もいてね、俺も見せてやったりするんだけどお互い大興奮でスッキリできるんだよ」
自分がマダムライブでやったような事を、バイト先の先輩は無料で楽しんでしまっていたのです。